川越の地ビール「COEDO」

 2ヵ月半ぶりの記事です。
今日は、私の住んでいる川越の地ビール「COEDO」を紹介します。

 COEDOは、協同商事
「小江戸」川越で1996年に発売を開始した地ビールで、2006年からブランド化され「紅赤」、
「瑠璃」、「漆黒」、「伽羅」、「白」の5種類が販売されています。

 このうち、「紅赤(Beniaka)」は欧州最大の食品品評会「iTQiコンテスト」で最高賞の三ツ星を
受賞しました。そして、同時に3年連続の三ツ星獲得食品に贈られるクリスタルテイストアワードも
受賞しました。
画像

 紅赤です。サツマイモの紅赤を焼いて原料にしたもので、赤褐色、香ばしい香りと甘みが
特徴で1本400円です。

画像

 瑠璃です。クリアな黄金色です。280円です。

みなさまも是非どうそ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック